トルコ行進曲

モーツァルトは約30本のピアノソナタを作っていますが、その中の1つであるトルコ行進曲は、誰もが知っている有名な曲ではないでしょうか。トルコ行進曲は、いつごろ作られた作品かは分っていませんが、1778年、パリで作曲されたという説があります。

ピアノソナタ第11番 トルコ行進曲(つづき)

一方では、1783年ウィーンのザルツブルグで作られたという説もあり、最近では、1783年のほうが有力な説となっています。

トルコ行進曲は、第1楽章から第3楽章までの、3つの楽章で構成されています。

一般的にソナタといえば第4楽章までまり、曲の構成も「急・緩・舞・急」と変化します。ですが、トルコ行進曲は「緩・舞・急」の3つで構成されています。

今までの形式にとらわれず、モーツァルトは独自のソナタを完成させています。当時としては、とても珍しい作曲のやりかたでした。

モーツァルトイメージ

第1楽章 Andante grazioso(アンダンテ グラツォオーソ)イ長調

6回の変奏から成り立っている楽章です。主題は、明るくて可愛らしく、それでいて優雅で美しいイメージを表現しています。

第2楽章 Menuetto(メヌエット) イ長調

第2楽章はメヌエットとトリオの複合3部形式になっています。不規則なフレーズが特徴的な楽章です。モーツァルトは約20本のメヌエットを作曲していますが、その中でも、この第2楽章のメヌエットは特に個性が強くなっています。

第3楽章 Rond Alla Turca;Allegretto(ロンド アラ・トゥルカ アレグレット)イ短調

この第3楽章の部分が、有名なトルコ行進曲のフレーズとなります。複合3部形式で、左手での伴奏がトルコ軍楽隊の打楽器を表現しています。明るくて軽快な曲調なので、とても覚えやすいメロディです。


Copyright モーツァルトのすべてがわかる All rights reserved.

privacy