声楽作品レクイエムニ短調

レクイエムはモーツァルトの最後の作品です。レクイエムは全部で第14曲までありますが、モーツァルトはそのうちの第1曲と第2曲しか完成させることができませんでした。そのほかの部分は、モーツァルトの弟子であるジュスマイアがレクイエムを完成させています。

声楽作品レクイエムニ短調(つづき)

第3曲〜第7曲、第9曲〜第10曲の合唱部分、第8曲の8小節目までは、モーツァルトが残していった部分ですが、そのほかの部分は、モーツァルトの弟子であるジュスマイアがレクイエムを完成させています。

そのためか、レクイエムは賛否両論した作品です。

モーツァルトらしくないと批判をされましたが、ベートーヴェンが擁護をしたとも言われています。

モーツァルトイメージ

・第1曲 入祭唱
ニ短調 アダージョ 4/4拍子 合唱・ソプラノ独唱

・第2曲 キリエ
ニ短調 アレグロ 4/4拍子 合唱

・第3曲 怒りの日
ニ短調 アレグロ・アッサイ 4/4拍子 合唱

・第4曲 奇しきラッパの響き
変ロ長調 アンダンテ 2/2拍子 バス、テノール、アルト、ソプラノ独唱・四重唱

・第5曲 恐るべき御陵威の王
ト短調 グラーヴェ 4/4拍子 合唱

・第6曲 思い出したまえ
ヘ長調 アンダンテ 3/4拍子 四重奏

・第7曲 呪われたもの
イ短調 アンダンテ 4/4拍子 合唱

・第8曲 涙の日
ニ短調 ラルゲット 12/8拍子 合唱

・第9曲 主イエス・キリスト
ト短調 アンダンテ・コン・モート 4/4拍子 合唱・四重奏

・第10曲 賛美の生け贄と祈り
変ホ長調 アンダンテ 3/4拍子 合唱

・第11曲 サンクトゥス
ニ長調 アダージョ 4/4拍子 合唱

・第12曲 祝福されますように
変ロ長調 アンダンテ 4/4拍子 四重奏・合唱

・第13曲 神の小羊よ
ニ短調 ラルゲット 3/3拍子 合唱

・第14曲 聖体拝領唱
ニ短調 アダージョ 3/4拍子 ソプラノ独唱・合唱


Copyright モーツァルトのすべてがわかる All rights reserved.

privacy