交響曲第25番

モーツァルトの作品には長調が多いですが、この交響曲第25番は短調になります。映画「アマデウス」の冒頭部分にも使われている曲でモーツァルトが17歳の時に作ったものになります。交響曲第25番は「シュトルム・ウント・ドランク(疾風怒涛)」の影響を強く受けています。

交響曲第25番(つづき)

シュトルム・ウント・ドランクとは、1770年ぐらいにドイツ文学を中心とする芸術分野での運動で、激しい感情を芸術による表現することを意味します。

理性とは反対に、極端な主観を述べていることが特徴です。ゲーテなどが中心となっており、音楽界ではオペラが強く影響を受けています。

モーツァルトもシュトルム・ウント・ドランクの影響を受け、交響曲第25番を作り上げています。

モーツァルトイメージ

交響曲第25番はオーボエ2台、ファゴット2台、ホルン4台、弦5部で編成されています。当時、ホルンを4台も使うことは、とても珍しいことでした。

交響曲第25番は第4楽章まであります。第1楽章は映画「アマデウス」で使用されたこともあり、とても有名なフレーズです。また、いろいろな場面でも使われているため、誰もが1度は耳にしていることと思います。

第1楽章 Allegro con brio(アレグロ コンブリオ)ト短調
感情が激しく爆発するようなメロディが特徴です。

第2楽章 Andante(アンダンテ)変ホ長調
第1楽章は短調でしたが、第2楽章からは長調に変わります。

第3楽章 Menuetto(メヌエット)ト短調-Trio(トリオ)ト長調
管楽器でのみ演奏されます。
オーボエの旋律が穏やかで心地いいパートです。

第4楽章 Allegro(アレグロ)ト短調
第1楽章のメロディが再現されます。


Copyright モーツァルトのすべてがわかる All rights reserved.

privacy